タイでご購入できるプジャ服見本

     タイ天の扉開きツアーの様子 

 

天の扉開きツアーの一部写真を掲載致しますので、ツアーの流れや雰囲気などご参考下さい。

写真は第4回天の扉開きツアー、場所はタイ国内クラビです。

※天の扉開きツアーは、タイ国内ですが、国内の場所はツアーにより変動があります。

 それによってツアー中の滞在ホテル、儀式を行う洞窟なども変わります。

●ツアー参加者はバンコク空港に集合。集合場所は       ●バンコク空港に集合後、全員揃って国内線に乗り換えます。

 本予約完了後のツアー案内にて、詳しくご案内致します。

●第4回天の扉開きツアー開催地はクラビでした。クラビ空港に到着後、大型バス、車等でホテルに移動します。

●ホテルに向かう道中クラビの街並み。クラビは自然に包まれた人気のリゾート地です。

●ホテル到着。ホテルの入り口付近。

●ホテル。宿泊所はツアー開催地によって異なりますが、コテージの場合が多いです。

タイのコンセントの形状は日本と同じですが、電圧は220Vです。    ●飲料水は各部屋にたっぷり支給されます。

 電化製品をご持参される方は、お気をつけ下さい。             食堂でジュース等も沢山飲めます。

●ホテル周辺。

●プール。              ●ホテル敷地内のスピリッツハウス。この土地に住む

                    スピリッツの家です。タイでは人の集まるところには

                    必ずスピリッツハウスが祭られています。

             ●食堂。             ●食事はタイ現地スタッフが準備してくれます。

                               神聖な儀式を成功させる為、ツアー中の食事は

                               全員ラクトベジタリアン(肉魚卵不可・乳製品可)厳守です。

●食堂周辺景色。

●食堂周辺。            ●上写真プジャ服。

                   天の扉開きプジャ(儀式)の前にプジャ服に着替え、

                   各自の部屋で瞑想し、プジャを受ける態勢を整えます。

●食堂周辺夜景。             ●夜ホテルから車でジャングル入り口まで移動します。

●夜のジャングルを歩き洞窟へと向かいます。真っ暗な夜のジャングルは危険です。

 必ず手がふさがらずに各自の足元を照らすヘッドランプ、手を保護し滑らない作業用手袋、足を保護し滑らない長靴等

 を装備し、ガイドに従って歩きます。天の扉開きツアーで必要な物は、本予約完了後のツアー案内で詳しくご案内致します。 

●洞窟入り口。                        ●洞窟内部。

  ※ツアー中に行える儀式の回数は1~2回です。       ※儀式を行う洞窟はツアーにより変動します。

●洞窟内もヘッドライトをつけて皆で作業をします。    ●油粘土を土台にロウソクを洞窟内に手分けして立てていきます。

●物質化した神聖物を受け止める為の天幕を張ります。    ●撮影許可のプジャを受けた専用のカメラを設置します。

 ※洞窟内の危険な作業は現地スタッフが行います。      ※参加者のプジャ中の撮影はできません。

●天の扉開きの後。出現した神聖物をテーブルに広げ        ●天の扉開きによって出現した神聖物の一部。

 司祭から説明、反省点等、を受けています。

●このように大きな神聖物が出現する事もあり      ●司祭が祈れば、このように神聖物が仏像の形で出現します。

 物質化の瞬間が肉眼で確認できるほどです。        

●日中は毎日司祭から神聖物の説明を受けたり質疑応答が    ●ツアー終了。

 できます。一般人が司祭アチャン・バラミーターンに      ホテルからクラビ空港まで大型バス、車等で移動します。

 会えるのは、日本では現在天の扉開きツアーだけです。  

        

●クラビ空港。皆一緒にクラビからバンコクへ向かいます。   ●バンコク空港。バンコク空港内にて解散です。

                               お疲れ様でした。