スワミのエピソード  

 

幼少期より理解困難な超常現象の体験が多かったため、

それらの現象の物理学的解明を行うことを目的に、

少年時代より物理学者になることを志す

 

その後、世界中の超常現象に関する研究を進め

”物質化現象”を最大の研究課題とした。

超常現象に関する多くの講演を世界各国で行い、

大きな反響を呼ぶ

 

1992年

物質化現象を求め、インドのサティア・サイババを訪ねる。

その時、サイババに個別に部屋に招かれ、1時間ほどの面談の間、

サイババの行う数多くの物質化現象を目の当たりにする

 

開いたサイババの手のひらから、まるで竹の子が生えてくるかのように

ニョキニョキとタイの仏像が出現し、授かった。

それはまさに”無から有が生じた”かに思われる、物質化現象であった。

 

スワミはこの時に、このようなインドの聖者達が行う

「”物質化現象の理論的解明”を人生の目標とする!」

と改めて堅く決意した。

 

そして世界中の物質化を行える聖者・ヒーラー達を訪ね歩く

 

その中で、仲良くなったバラ・サイババの存在を日本に伝える

 

そして、フィリピンの心霊治療における血液や臓器状の物体の物質化現象や、

インドの聖者達の行う仏像や指輪などの物質化現象徹底的に調査した。

 

しかし、最終的には「どれほど調査をしたところで、自分自身が

物質化を行えるようにならなければ、真の物質化現象の解明にはならない」

と悟り、学者的観察者としての立場を捨て、再びインドへ渡航

 

観察者ではなく、自身が物質化の手法を授かる為、インドの聖者の弟子となり

十数年にわたりインドにて過酷な修行に明け暮れた

 

そしてスワミはついに”自ら物質化を行う”ようになった!!!

 

2000年

師事していた聖者からの全ての修行を納め、日本に戻る。

物質化の解明はもとより、自ら物質化を行い、出現させた物を人々に授け

その奇跡の顕現は多くの人達を驚愕させた

 

また、それに留まらず、さらなる高みを目指し、

インドで最も厳しく最も深い学びができるとされる

ジャイナ教の最高峰のアーチャリーグルに師事し、修行を重ねた

 

2006年

フィリピン心霊治療の謎の解明が済んでいないことを悔やみ、再度フィリピンへ渡る。

そして、ある心霊治療師のもとで修行を行い、心霊治療の能力を獲得し、ヒーラーとなる

 

2008年

縁あった師匠達と共に、フィリピンのジャングルの中で魔法学校を開催する。

その学校の教頭として、多くの生徒に各種奇跡顕現の手法を教授した。

4年後、魔法学校の重要な師を亡くし、魔法学校は修了となる。

 

2011年

タイ奥地の母子感染したエイズの子供達の隔離施設へ出向き、全員を治癒させた。

 

2012年~現在

タイにて、アチャンと共に、神聖秘法術科学校を開催し、

多くの生徒達に奇蹟顕現手法の伝授と実践を行う。

 

グルとして多くの人々に叡智を授け奇跡顕現の手法を教授するだけではなく、

日頃はヒーラーとしても世界中で活躍している。

そして、スワミのヒーリングを受けた多くの人々、また多くの高僧達は

その奇蹟の結果に驚愕「世界最高峰のヒーリングだ!!」と賞賛し、熱烈な支持を続けている。

 

また、日本の神社にも大きな影響を与えている。

さまざまな叡智をはじめ、オリハルコン、ムチャ、神聖物、重軽石、ヤントラ

などを贈呈し、神社の発展に貢献している。

 

 

        - ムー 2015年6月号 掲載 -

 

      スワミからムチャ等、進呈された武運濃神社

      金運、美肌、願掛けのパワースポットとして

      月刊ムーの取材を受けました

      重軽石などについても詳しく掲載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物質化現象の理論的解明に一区切りが付いた現在、

ついに物理学の究極の課題であった”ビッグバンの再現”に挑み

「天の扉開き」を行っている

 

”無から有は生じるのである”

 

 

 

                  * 前のページへ *